水を飲んで健康になろう!

水を飲むメリットって?

水を飲むといいとよく言われますが、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。実は体内の水分量も年齢を経ていくうちに、若い時で60%前後あったのが50%ぐらいまで減ってしまいます。水を飲むことで体中の血液の巡りがよくなり、食事をして得た栄養素が全身に運ばれていきます。不要な老廃物は水分によって体外へと排出されていくのですが、水を飲む量が減ると血がどろどろになっていき、脳梗塞などの病気を引き起こす原因にもなってしまいます。また、肝臓や胃腸がスムーズに働けるようにサポートしてくれるので、胃液を薄めて胃もたれを緩和してくれたり、飲みすぎた時の解毒を促してくれたりもするので、普段からしっかりと飲むように心がけましょう。

効果的な水の飲み方は?

一日1.5~2リットルは水を飲むのが理想ですが、だからと言って一気にごくごく飲んでも吸収しきれずに体外へ排出されてしまうだけです。効果的に飲むのであれば、少量をこまめに飲めるように工夫しましょう。コップ一杯を200ミリリットルとして、日中に1時間おきぐらいに飲むようにすれば、多く見える量でも無理なく水分補給が出来ます。身近で誰でも手に入れられる水道水でも良いのですが、可能であればウォーターサーバーのミネラルウォーターで水分だけでなくミネラルの補給もしておくとさらに効果もアップします。寝る前や起き抜けの一杯も健康に一役買ってくれますので、自分でこまめに水が飲めるように計画を立てて一日を過ごして習慣化させていきましょう。

水のサーバーが家にあれば、常に体に良い水分を補給することができます。1~2週間で見違えるように健康的になります。

© Copyright Hot & Cold Water. All Rights Reserved.